ほうれん草とくるみのなんちゃってジェノベーゼ風パスタ

SAZANAMI(アメリカ)

レシピの生い立ち

私事で大変恐縮ですが、現在アメリカ・シアトルにて夢を追いかけており、そのためにほぼ毎日パスタを食べて節約生活を送っております。
ホストファミリーの家にホストと共に住んでおり、1日3食パスタを食べる時もあるのですが、
自分の中で節約生活を少しでも楽しもうと、「自分で購入できるのはパスタのみで具材は冷蔵庫とホスト宅のみにある食材しか使ってはいけない」
というルールを設けたパスタ生活を送っております。限られた具材しかなく、自分の思い通りのパスタや、自分の作りたいパスタがなかなか作れない中で、
毎日その日の冷蔵庫や家にある食材でどんなパスタを作ろうか、楽しく考えながら作っております。

ある日どうしてもジェノベーゼパスタのようなお洒落で美味しいパスタを作り、節約パスタ生活のモチベーションを上げたいと思ったのですが、
ジェノベーゼに必要な2大食材のバジルと松の実なんてお洒落なものがホストの家に置いてなかったので、何か代用できるものはないか探したところ、
ほうれん草とくるみが目に付いたので、とりあえずそれらでバジルの松の実の代用としてジェノベーゼを作ってみようと思いました。

ソースをミキサーで作るのですが、その時はミキサーの音が恐怖の音にしか聞こえなく、どんな味になるのか不安でいっぱいでした。
見た目はそれらしくなり、一口食べてみたところとても美味しく、むしろ個人的にはジェノベーゼよりも美味しいと感じるほどでした。

狙って作ったり、昔から得意であった料理では決してなく、「ピンチがチャンスとなり功を奏した」料理となりました。

レシピのアピールポイント

なんといっても味が美味しいという点なのですが、僕が食べて感じて推したいなと思ったポイントは
「子供が少し背伸び(大人っぽいものを食べられる+成長)できる、子供にぴったりなジェノベーゼ」なのかなという点です。

バジル等の香草系やハーブ類は下痢の原因になったり、多少の刺激があるので、乳幼児には与えるのを避けた方が良いという人もいます。
また、バジル独特の臭みが苦手な子供が多くいるのも現実です。
バジルをほうれん草に代用した事により、バジルの独特な臭みがなくなりマイルドな味わいになり、
もちろん身体への刺激もなく子供も食べやすい味になりました。
そして何よりビタミンやミネラル分が多く含まれているほうれん草の特質すべき高い栄養価は子供の成長には不可欠です。

くるみを松の実の代用としましたが、どちらも同じような風味で栄養価が高いので、味に関してはそこまで変化は出ないのかなあと思いましたが、
日本においては食用として売り出されている松の実は少なく、子供に大人気のくるみパンがあるように日本人にとってはくるみの方が馴染みが深く、
また手に入り易いのではないかと思いました。

前述したようにたまたま美味しくできあがった奇跡の一品なので、上記のメリットはもちろん後から考えましたが、
調べれば調べるほど、考えれば考えるほど、なかなか良い代用であったなと思ってしまいました。

レッチャ!グランプリ2019結果発表

ノミネートレシピ一覧へ戻る

レッチャ!公式SNSアカウント

公式SNSアカウントでは最新情報を随時発信中!

公式SNSアカウントでは最新情報を随時発信中!