あったか発酵おやつ、豆乳フレンチトースト

中村純子(静岡県)

レシピの生い立ち

発酵食品として人気の甘酒と豆乳を卵液の代わりに使い、誰でも手軽に食べられる時短&腸活のおやつを作りたかったからです(私自身もベジタリアンなので...)。

レシピのアピールポイント

●スーパーフードのシナモン、発酵食品の甘酒とヨーグルトを使ったヘルシーなおやつです。

●ベジタリアン仕様なので、幅広い方たちに
美味しくお召し上がり頂けます。

●米粉パンを使えば、グルテンフリー志向の方にも対応可能です。

●バゲット代わりに、たんぱく質を多く含む車麩(くるまふ)を使うと、筋肉強化を目指す方に、また、糖質制限に役立ちます。
http://junjun.eshizuoka.jp/e1978283.html

●焼く時の耐熱皿をそのまま利用し、クリームとジャムを盛り付ければ、洗い物が減ります。

●浸け時間(10分)と焼き時間(3+10分)を除けば、パンのカット〜盛り付け完了まで、
15分以内に作れます。

●生のフルーツを添えれば、ビタミンCやミネラル・食物繊維も補えます。
http://junjun.eshizuoka.jp/e1981223.html

●硬くなったパンは小さく切れば水分の吸収が良くなります(食材の有効活用=ECO調理)。
http://junjun.eshizuoka.jp/e1981223.html

<参考...ヘルシーポイント>

●豆乳に含まれる大豆イソフラボンは(骨を丈夫にする・美肌・美髪など)女性に優しい働きが期待できます。

●白砂糖では味わえない、自然なやさしい甘さが特徴です。

●甘酒は、体内ではつることができない必須アミノ酸(9種全部)・三大栄養素の分解に必要なビタミンB群・善玉菌のエサとなるオリゴ糖などを含みます(飲む点滴・美容液)。

●ヨーグルトの乳酸菌など、発酵に関わる生きた微生物「プロバイオティクス」と、それらの死骸や食物繊維・オリゴ糖など腸内細菌のエサになる「プレバイオティクス」の両方を含み、腸の状態をととのえます。

●発酵食品は、数回食べただけで腸内環境が変わるというものではありません。
毎日の食事と間食に、積極的に取り入れる習慣を身につけることが大切です。

●豆乳ヨーグルトや甘酒などをホームメイドすると、安価に手軽に頻繁に食する事が可能になります。
私が実践し体験した経験から生み出したレシピが、多くの方の健康づくりの一助になればと思い、応募させていただきました

ノミネートレシピ一覧へ戻る

レッチャ!公式SNSアカウント

公式SNSアカウントでは最新情報を随時発信中!

公式SNSアカウントでは最新情報を随時発信中!